MENU

前髪が減ったのは薄毛の前兆!すぐに対策が必要かも!

前髪が減ったということは

 

以前はフサフサだったけど今は薄くなっている

 

ということですよね。

 

ということは何か薄くなった原因があるわけですよ!

 

原因は人それぞれですがまあ大体AGAですよ!
男性型脱毛症というやつで男性のほとんどがこれが原因で薄くなります。
そして、最近では女性も増えてきています。

 

特徴は前頭部の生え際から徐々に後退していくパターンと、頭頂部から広がっていくパターン、
そして、その両方です。
前頭部の生え際から薄くなってきてM字になっていく人が多いですが、その初期段階で前髪が薄くなって来るということが多いですね。

 

ちなみに私もですからね。

 

女性の場合は全体的に薄くなっていると思います。
髪の毛一本一本が細くなって地肌が見えている状態ですね。

 

男性も女性もですがこうなってくると髪型に困ったりしておしゃれな髪型にできなくなるんですよね!

 

はじめは抜け毛多いなくらいだったのであまり気にしないとか、まあ大丈夫だろくらいだったのが、
いよいよ髪の毛に変化が出始めたという状態がこの前髪が減ったという状態だと思います。

 

ここで男性への忠告です!

 

このままほったらかしにしていたらここから薄毛になるのは早いです!

 

以前はフサフサで多少薄くなっても髪質変わったかなとか散髪したからかなとか考えられますが、前髪が減った状態ということは少ない状態になっているわけですから少し抜けただけでもさらに薄く感じますからね!

 

早く対処したほうが良いと思いますよ。
進行してからでは回復とかとても大変ですから!

 

それは私が身をもって体験していますからね!

 

ではどうするのってところです。

前髪が減った原因はなんなのか?

まずあなたはなぜ前髪が減ったのかというところです。

 

もしかしたら病気かもしれませんし何かはわかりません。
ですからまずはあなたが前髪が減った理由を探してください。

 

おそらく大体の方がAGA(男性型脱毛症)だとは思います。
ですからここではAGA(男性型脱毛症)というところでお話ししたいと思います。

男性ホルモン

まず一番に考えられるのが男性ホルモンです。
テストステロンという男性ホルモンがあるのですが、これが5αリダクターゼという酵素と結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)になります。
このDHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛になる原因ということなんです。

 

ですから男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいということも言えるわけです。
遺伝でもともと男性ホルモンが多いということも考えられます。

生活習慣

食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなど生活習慣の問題も関係してきます。

 

偏った食生活をしていたり、栄養不足、ほとんど睡眠をとっていない、過度なストレスが続いているなどこういったことがホルモンも含めて様々絡み合っています。

前髪が減ったらどう対策をとるべきなのか?

じゃあどうやって対策をとるべきなのかというところですね。

 

まず自分でできることとして生活習慣の見直しからです。
もし問題ないのであれば前髪が減った理由は生活習慣の問題とは関係ないということになります。
おそらく男性ホルモンであったり、加齢であったりということになります。

 

ですが大体生活習慣にも問題がある人が多いようです。
問題がある場合は先ほど言った食生活の改善から睡眠の問題、ストレスなどを解決することです。
これならできますよね!っていうのは簡単なんですけど実際やってみるとこれが大変なんですよね。

 

今までの食生活を改善することや仕事のストレスなどをなくせと言われていも仕事を変えたりしない限りできるものではないですよね。
しかもそれを継続しないといけませんからなかなかできるものではありません。

 

ですからできることから少しずつやっていくと良いと思います。

シャンプー、育毛剤、サプリメント

生活習慣の改善とともにやることといえばシャンプーを変えたり、育毛剤を使ったり、サプリメントを飲んだりがあります。

 

生活習慣の改善は難しいからシャンプーや育毛剤を使って改善しようという方も多いと思います。
ですが実際、使っている方の多くが思うことかもしれませんが、そんな劇的に変化はありません。
使わないより使ったほうが良いと思いますが、これも継続しないといけません。

 

まあ食生活などよりも継続は難しくないので続けられるとは思いますがあとはお金との相談ですね。

シャンプーについて

皆さん勘違いしている方も多いと思いますがシャンプーで育毛はできませんからね。
あくまで頭皮環境を整えることを目的にしていると考えると良いと思います。
まあ頭皮に強い刺激を与えるものや毛穴に詰まりやすい成分が使われているシャンプーはやめたほうが良いとは思います。

 

ですから育毛シャンプーと言われているシャンプーでなくても頭皮に良いシャンプーなら良いのではないかなと思っています。
シリコンやパラベン石油系界面活性剤などが使われていなくて刺激が少ないシャンプーです。
ただ、シリコンなどが使われていなくてもそれに代わる良くない成分が使われている可能性もありますがそんなことを言い出したら普通の人はわからないので一般的に良くない成分が含まれていなく頭皮に優しいシャンプーを使うと良いと思います。

育毛剤について

髪の毛が薄くなってきたら、薄毛の人には育毛剤というのは必需品ですよね。
まあ普通に使いますよね。
ですが効果がないなという方も多いと思います。
やはり、継続が大事なわけですよ。
今まで年単位で少しずつ薄くなってきているものを1ヵ月や数か月で回復するというのもなかなか難しいですからね。
ただ、前髪が薄くなってきたという段階ならまずは食い止めるというところで考えれば十分成果は出るかもしれませんね。
まずは食い止めるため、そして、少しずつ改善へ向かうために使うと良いと思います。
育毛剤もミノキシジルというのが効果があるということですが、これ結構副作用があるんですよね。
私も一時期使っていました副作用がでましたからすぐにやめました。
副作用が出ない方は使っても良いのではないでしょうか。
私はそれ以外の副作用の心配が少ない育毛剤を使ったりしています。

サプリメントについて

私はこれ結構大事かなと思っています。
シャンプーや育毛剤などは外側からですが体の内側からっていうのも大事だと思うんです。
髪の毛に良いとされているノコギリヤシや亜鉛がですね。
ノコギリヤシは上でも書きましたがAGAの原因であるう男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素と結びつくことを抑えてくれる作用が期待できるということなんです。
ノコギリヤシは天然の植物ですし利用しやすいですね。

 

まずはここくらいで様子を見ようという感じでしょうか。
でもこのままでは生え際後退からのM字はげ、完全はげという流れになることも考えられます。

AGA治療

最後はAGA治療です。
クリニックや病院で治療する方法です。
意外に20代など若い人も多く通っていたりするようです。
AGA治療といっても薬を処方してくれてそれを飲むというのが基本です。
AGA専門のクリニックなどでは独自の治療方法があってより効果が期待できるというのもあります。
薬の処方だけなら月数千円からで独自の治療をすると数万円という金額になったりもします。
知識や経験をもった医師とカウンセラーがいるのでいろいろ聞けますし対策もとれるので一番良いとは思いますけどね。
まあ薬もごくまれに副作用がでることもあるようなのですがそれもちゃんと言ってくれます。

結局どうするの?

結局どうするのかはあなた次第ですね。
生活習慣の改善で何とかすようとするのか、育毛剤やサプリメントなどを利用するのか。
もう悪化させたくない、しっかり治療したというのでAGA治療ですし。
あとは費用等を考えても良いと思います。

前髪が減ってしまう原因は

薄毛が目立ち始めると、見た目なども良くなくなったり、モテなくなる可能性も高いので、できれば早めに未然に防ぐべきかと思います。。

 

薄毛の原因には、老化や遺伝により薄毛になりやすい体質などもあるんですが、他方にも、日常生活慣習やストレス、食事スタイルなどの影響によるときもあるんです。
また、洗髪のやりすぎ、刺激の強いシャンプーで洗っていたり、しっかりシャンプーを洗い流せていないなども原因になることもあるんです。
また、外出して紫外線をモロに浴びてしまうと、抜け毛が増えるのにつながることもあるため、自分でしっかりと原因を掌握しておき、普段から予防を意識することが重要です。

 

近年は、加齢以外で薄毛になるなど、若者でも薄毛に悩まされている方が増えてきているため、抜け毛が増え、自覚症状が出る前に、予防をしておくことが重要です。

 

日常生活慣習や食事スタイルの乱れを改良していき、また、どうしても日常生活でストレスがたまるのであれば、自分の心持ちの切り替えや、ストレスとなっているものの解決、悩みなどがあるときには、あたりにいる身内や友人に相談してみるのもストレスを減らすきっかけとしては為になる手段といえるだろう。

 

洗髪するときは適度に洗い流すことをこころがけ、またシャンプーは自分にあったものを使い、頭皮にシャンプー剤が残らないように洗い流すことも重要です。
外にでるなら、頭皮を紫外線から守るようにすることも重要です。

AGA治療の効果ってどうなの

AGAというのは主に男性がなる薄毛で、高齢でなくても若いうちから薄毛になっていきます。
初めのころは抜け毛が多いな、と思うことが増えて、気が付いたときには薄毛が進行し、生え際が薄くなってきたり、頭頂部が薄くなってきたいしてしまいます。

 

AGAというのは、進行性の薄毛のため、気が付いたら早く治療を開始することが必要となります。

 

AGAを治療する方法としては、生活習慣を見直す、食生活を改める、頭皮のマッサージを行うといったことの他に、ミノキシジルやプロペシアといった薬を使う場合が多いです。
ミノキシジルに関しては頭皮の血行を良くするということで、ヘアサイクルと正常にし、発毛を促す効果が、プロペシアはというと、抜け毛を抑える効果があります。
この2つの薬を併用した方がAGAの薄毛に効力を発揮しますが、少なくても数か月から半年は使用し続けることが大事です。
また、薬を飲んで1か月ほど経つと一時的に髪の毛が抜けることがありますが、この段階で薬の使用をやめないことも必要となります。
こういった時期は頭皮の血液循環が良くなってきている段階であるので、継続して薬を使用することです。

 

AGAの薄毛治療を行うことで、おおよそ1年ほどで髪の毛が太くてこしのある状態にすることが期待できます。